PCBankパソコン買取センター

  • 10:00~19:00 日祝休
  • 0120-580-504
  • mailto:info@pcbank.co.jp

梱包方法

パソコン梱包方法

必ず一緒に『買取申込書』『身分証明書のコピー』を入れてください!

梱包に必要なもの

・ダンボール・ガムテープ(透明テープ)・ビニール袋(スーパーの袋)・新聞紙(プチプチ)

(1)パソコンの動作確認

パソコンの状態確認

パソコンの状態を確認します。
Windowsは起動するかどうか、
キーボード、マウス、モニターの表示、DVDドライブ、SDカードスロット、USBポートなど、動作が問題ないか確認をします。

(2)清掃

パソコン本体清掃

パソコンの清掃を行います。

液晶モニター清掃
キーボード清掃

(3)ダンボールの用意

ダンボール

パソコンが入るダンボールを用意します
購入した時のダンボールが一番良いですが、
無い場合は、みかん箱などどんなダンボールでもOKです。

ダンボールの底真ん中止める

ガムテープや透明テープで、底を作ります。
まずは、真ん中を止めて、両サイドも止めておきます。
両サイドもとめることによって強度が上がるので、輸送中にダンボールからパソコンが出てしまうのを防ぎます。

ダンボールの底真ん端止める
ダンボールの底出来上がり

(4)パソコン本体と液晶の箱詰め

ダンボールにパソコン本体入れる

大きいものから入れていくので、まずはパソコン本体

ダンボールに液晶モニター入れる

次に液晶モニターを入れます。

ダンボールにパソコン本体液晶モニター入れたところ

液晶モニターの画面側はとてもデリケートで、固いものにあたると、画面が割れてしまいます。
画面側をプチプチで包装するか、できない場合は、ダンボールの側面に近づけるために液晶モニターの角度を変えます。

液晶モニターを立てる

このようにすると良いです。

(5)付属品の確認

付属品一覧

キーボード、マウス、電源ケーブル、モニターケーブル、取扱説明書、リカバリディスク、Officeソフトなど、付属品をそろえておきます。

書類とディスク

取扱説明書、リカバリディスク、Officeソフトはひとまとめにして、ビニール袋やスーパーの袋に入れておきます。

買取申込書身分証明書を入れる

ひとまとめにする時に、『買取申込書』『身分証明書のコピー』を一緒に入れておきます。

袋に詰める
付属品のケーブルをまとめる

キーボード、マウス、などのケーブルをまとめておきます。

(6)すべて詰め込みます

新聞紙

残りの付属品などを詰めていきます。
詰めて行く際に、新聞紙などを用意して、ダンボールの隙間を埋めていきます。
輸送中にパソコンやモニター同士がぶつかるのを防ぎます。

新聞紙を丸める

このようにふわっと丸めて詰めると、とちょうど良い固さで、新聞紙も少なくて済みます。

パソコン本体と液晶モニターの間に新聞紙を入れる
付属品を入れる
書類とディスクをまとめたものを入れる
上の隙間を新聞紙で埋める

最後に上から新聞紙で間を埋めておきます。

(7)最後の仕上げ

ダンボールの上側を折りたたむ

最後にダンボールの上側をガムテープや透明テープで閉じます。

ダンボールの上側をテープで止める

同じようにまずは真ん中から。
次に端も止めて出来上がりです!

ダンボールの上側の端もとめる
梱包出来上がり!